CFS for DOS/V

最新版: Version 0.19a
公開日:1994.12.30

【まずは普通にご紹介】
CFS for DOS/Vは、神一さんが作製したair craft が取得するライブラリリストを記録したファイルの中身を ソートするツールのDOS/V移植版です。CFS for PC98を私がDOS/Vに移植した理由は、CTS for DOS/Vのページにも 書きましたが、私がDOS/Vマシンでair craftを利用しはじめた当初、air craft支援ツールのDOS/V版が ほとんど存在しなかったからです。

で、ある日、みつけたライブラリのデータをソートツールがCFS for PC98でした。詳しい話は、 CTS for DOS/Vのページに書いてありますので、ここでは繰り返しませんが、 このツールを発見して、作者の神一さんにメールを書いたことで、私はCTSというソフトウェアの移植を通じて、パソコン通信ネットワークが オンラインソフトウェアの唯一の開発/公開拠点だった時代の空気を味わうことができました。

すでにCFSのソースコードをいじっていた頃からずいぶんの時間が流れて、オンラインソフトウェアの 開発/公開もインターネットのWebページを通じておこなわれるコミュニケーションが中心に なってきているように感じます。Webでのコミュニケーションは確かに多くの人が注目してくれる 可能性が大きいのですが、さまざまな人の意見を聞くには今ひとつ向いていないように 感じるときがあります(いまや、普通の人にとって、インターネットは受け身のメディアの側面が 強いような気がします)。そういう意味でも、CFSとCTSの移植を通じて私が得たオンラインソフト作者と しての経験は貴重なもののような気がします。

【こんな方にお薦めします】
・DOS/V環境でair craftを飛ばす人

【効能】
air craftの仕様である、新規取得ライブラリデータがファイル末に追加される問題を 解消することができます。また、CFSはタイムスタンプの保存機能等の細かい機能が 実装されているので、ソートツールとしてはなかなか重宝なのではないかと思っています。

【備考】
あくまで念の為に書いておきますが、このソフトウェアはDOS用ソフトウェアです。WindowsではDOSプロンプトの上で動きますが実用性はあまりないと思います。

【ダウンロード先】
NIFTY-Serve FGALTM LIB 4 (あえてリンクを切ってあります)
Vector Software Pack: CFS for DOS/V

カテゴリー: DOS/V, オンラインソフトウェア, 古いコンテンツ パーマリンク